俊読 ~ shundoku 7

昨日は、アジアカップ決勝の前に 原宿クロコダイルに 「俊読 ~ shundoku 7」を見に行きました。 谷川俊太郎さんの詩をいろんな方がいろんな形で表現するイベント。 御本人も登場するので人気がある様ですね! Sold Out、100人以上予約をお断りしたそうです。 スタンドアップのネタにした人、 ラップにした人、 弾き語りにした人、 紙芝居にした人、 芝居にした人、 いやぁ、面白かった。 いいね! 最後は御本人の朗読。 未公開の詩も朗読して頂きました。 俊太郎さん、79歳ですって。 まだまだしっかりしていらっしゃいました。 MCのお弟子さんとのカラミが良かった。 海外だと盛んなんだけど、 やっぱり、このサイズのイベントはいいなぁ。 ライブハウス。

続きを読む

築地本願寺にあるホール

ブディストホールに行ってきました。 古い卓の他に、ジャンズイベントプラスがありました。 ユニットは1.5kで結構飛んだ。 パントマイムとか人形劇にはいいかも。 朝、7時に行ったんだけど、 道路渡った所は築地市場。 朝から人がいっぱいでした。 24時間やってる寿司屋もあるのね! うまれて初めて築地の朝を見ました。

続きを読む

日々勉強なり。

昨日、今日は某劇場のヘルプ。 ヘア&メイクの専門学校の発表会。 一組ずつ、物語にのせて舞台上での作品発表でした。 舞台の事を知らない人の仕事は直接受けない主義ですが、 (相場も知らないし、0から説明するの面倒だから) 劇場付きの人はそんな仕事ばかり。 対応もバラエティーに富んでる。 なんだかわからない思いだけの、 台本とは言えない資料と説明。 リハーサルも段取り解ってないし。 (先生が勉強不足なんだと思うけど) 劇場の人達は 偉いなぁと感心するばかりだった。 僕だったら「自分で好きにやっていいよ!」とサジ投げちゃうと思う。 チーフはうちらにはすごく厳しい人なんだけど、 ちゃんと優しく相手してた。 (プロに厳しく、素人に優しくは、裏方の基本)ですが、 それ以上でした。 あっぱれ! でも、向こうもクリエイターの卵。 実際に来て、話してみれば 演出する子も、1年の女の子以外はしっかりしてた。 「餅は餅屋」だと言う所で、しっかり相談や お伺い出来る。 「たとえばこんな事…できますか?」 大切な表現だと思う。 2年生はさすがに段取りもよく、 1年生も男の子はうまくうちらを味方に付けた。 そう、うちらが解らない作品が、 お客様に解る分けないよね! やっぱり賞を取ったのは、そういう気持ちのあるクラスでした。 ショーを観て頂くのだから、ショーを形にする迄が作品作り。 メイク迄で終わっちゃダメダメよね。 でも、生…

続きを読む